株式会社トキワ

株式会社トキワ

第2回 TOKIWA Lab.

∞ infinity 「美しさ」に、ゴールも限界もない

株式会社トキワ第2回ビューティーアクセラレータープログラム

昨年開始いたしました、弊社“ビューティーアクセラレータープログラム"は、お陰様で第2回の開催をさせていただく運びとなりました。昨年より流行しているCOVID-19は、化粧品業界にも大きな影響を与えました。弊社はこのような状況下でも、企業理念である「世界中に美と喜びと感動を届ける」を実現し、停滞傾向にある市場を活性化するため、優れたアイデアと情熱を持つみなさんとの協働が必要であると判断し、第2回の開催を決定いたしました。本プログラムは、未来に向けた事業モデル・アイデアをお持ちの新規事業者のみなさんと、長年の化粧品受託製造の経験と確かな実績をもつトキワの協業による市場価値の創造を目的としています。

このプログラムで実現したいこと

01

高品質・高機能を誇るJビューティーを世界中に届ける

世界中を席巻している、韓国発のKビューティー、近年注目されている中国発のCビューティーと比較すると、高品質・高機能・安全性で評価の高い日本発のJビューティーは若干の遅れを取っています。トキワは、斬新なアイデアと情熱で、世界で通用する高品質で信頼のおける製品・サービスを提供することで世界中の人々を、美を通じて幸せにしたいと考えています。

02

新たな事業の柱として消費者目線の製品を作りたい

より消費者に近い立場のみなさんと協業することで、新たな便益を消費者に提供しつつ、持続的な社会に貢献する新しい技術の開発を実現することで、消費者にとって意味のある製品・サービスを提供したいと考えています。

03

持続性を意識した、人と地球に優しい製品を作りたい

米国西海岸から全世界に広まりつつある、「人体への影響を最小限にすることと地球環境への影響を最小限にする」という”クリーンビューティー”が欧米を中心に広がりつつありますが、日本においてはまだまだ浸透しておらず、機能面では改善の余地のある製品が多く存在します。トキワは、中・長期的に人に優しく地球にも優しい化粧品づくりが”アタリマエ”になるようなブランドコンセプト、サービスコンセプトをお持ちの事業者の皆さんと協創を実現したいと考えています。  

活用できるリソース

01

化粧品受託開発・製造 国内No.1が強力に製品開発・生産をバックアップ

resource_1_img
50年以上の化粧品受託製造の経験を持ち、国内カラーコスメ受託開発・製造シェアの約25%を保有するトキワが持つノウハウや実務経験豊富な人材でサポートさせていただきます。煩雑な認可・登録作業、原材料確保、容器デザイン、薬事、生産のアドバイスなど、細部に渡り徹底的にサポートします。
02

最大10,000個の初回生産を無償でサポート

resource_2_img
今回のアクセラレータープログラムにて、市場潜在価値が高く実現可能だと判断されるプランに対し、最大3件迄各10,000個*を上限として無償で製品の生産を提供します。無償での製品生産を活用することで、事業開始時点でのキャッシュフローが大幅に改善し、大々的な信用および認知化獲得への投資が可能となります。 *諸条件あり
03

販路拡大や、製品告知などの顧客接点開拓をサポート

resource_3_img
事業開始時に大きなハードルとなる販売店舗開拓など営業戦略を、トキワが持つノウハウ、ルートを活用しサポートします。大手ビューティーケア販売店舗や、ECへのアプローチをアドバイスします。
04

経験豊富な審査員、トキワの製品開発担当者によるアドバイス・メンタリングの実施

resource_4_img
大手ラグジュアリーブランド日本法人の代表であった西村豊氏、国際的な投資ファンドでマネージングディレクターの渡辺雄介氏、数々のアクセラレータープログラムやピッチイベントで活躍するファーメンステーション代表の酒井里奈氏など、経験豊富な審査員の皆さんからのアドバイスにより新規事業の障壁以外の数々の起こりうる問題や新たなアイデアの練り込みなどが可能になります。※審査員は予定
05

事業開始時の大きなハードルである投資家・VCへの訴求

resource_5_img
新規事業立ち上げに苦労される投資家への交渉に必要な、事業計画・運転資金計画・信用問題などを、上記のプログラムサポートを活用することにより、より具体的な事業計画を提案できるようになります。

プログラムへの意気込み

COVID-19 の影響はトキワにおいても多大なものでしたが、新規事業者の皆様との協業は超長期的な事業の成長には欠かせない柱であるということで、今回第2回の開催が決定されました。第1回の採択社の皆さんとの共創プログラムの打ち合わせでは私も学ぶことが多くあり、今回の応募社のみなさまからもさらなる学びを期待しております。また、昨年度に応募頂き、残念ながら最終採択に至らなかった応募社のみなさまも是非再度のチャレンジを期待しております。

株式会社トキワ 副社長 金井博之

サポーターの紹介
 
野上麻理氏

野上麻理アリナミン製薬株式会社 副会長

コンシューマービジネスに携わる者として、お客様にイノベーションで新たな価値を提供し続けることは、非常に大切なテーマです。また、ビジネス環境、お客様の生活環境が激しく変化していくこの時代には、オープンイノベーションによるアイデアの広がりが欠かせないと考えています。第1回のこの企画でも、素晴らしい提案を数々拝見でき、自分にとっても非常に勉強になりました。元ビューティービジネスに携わっていた身としても、今回もどんな提案が拝見できるのか、わくわくしています。よろしくお願いいたします。

西村豊氏

西村豊元リシュモンジャパン代表取締役社長

世の中、「新しい日常」が模索されています。しかし、「美の追究」はクレオパトラの古から変わらぬ普遍のテーマ。新しい感性と表現をもって、この普遍のテーマを具現化するイノベーションを期待しています。

渡辺雄介氏

渡辺雄介カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージング ディレクター

トキワが、世の中のみなさまと知恵を出し合い、手を取りあって、オープンイノベーションにコミットするのは「世界に美と感動と喜びを伝える」使命の体現に本気だから。
このような時代だからこそ、一期一会を大切に、心を込め、世界中の人々をより輝かせ笑顔にしていくプロセスをご一緒できることを楽しみにしております。

渡部賢氏

渡部賢ノイン株式会社 代表取締役CEO

国内最高峰の技術力とシェアを持つトキワさんが、新進気鋭のブランドを生み出すエコシステムをつくることに賛同・共感いたしました。
ここで生まれるブランドの立ち上がりに寄り添い、世界に羽ばたいていくための伴走者となれるよう全力で支援させて頂きます。

矢野貴久子氏

矢野貴久子株式会社アイスタイル BeautyTech.jp編集長

美容分野のスタートアップを取材させていただくことの多い身にとって、カラーコスメに強いトキワアクセラレータープログラムの意義はとても大きいと感じています。私自身にとっても視野を広げられる素晴らしい機会をいただき、どんな出会いがあるのか今からわくわくしています。

今田素子氏

今田素子株式会社インフォバーングループ本社 代表取締役CEO

社会や価値観が大きく変化している中、環境への配慮やインクルージョンに重きをおいた製品づくりをテーマとされたこのプログラムに共感し参加しました。グローバルに羽ばたいていくビジネスが日本から生まれてくることを応援したいと考えています。

酒井里奈氏

酒井里奈株式会社ファーメンステーション 代表取締役

スタートアップにとって喉から手が出るほど欲しいノウハウ、ネットワーク、そして製造、販売、というすごいチャンスのある本プログラム。グローバルにプレゼンスのあるトキワさんの新たな素晴らしい取り組みにご一緒できることを嬉しく思っています。

金井博之氏

金井博之株式会社トキワ 副社長・TOKIWA Lab. 代表

グローバルマーケットで持続的な成長する道を選択したトキワが、世界の競合に伍して行くためには、トキワのみでは成し得ない革新と驚きをお客様に提供し、サステイナブルな企業へと変わる必要があります。オープンイノベーションを通じて、新たなパートナーとの共創ができることを期待しています。

開催会社概要

株式会社トキワ

「世界中に美と感動と喜びをお届けする」という使命のもと、国内外の化粧品業界をリードする大手メーカーの各ブランド向けに「競争力と独創性に富んだ製品」を開発・製造しています。「化粧品容器」だけではなく「化粧品内容物」も研究開発から製造までを一貫して手がけ、国内ではカラーコスメ受託製造市場で約25%を保有しNO.1のポジションを獲得しており、世界でも五本の指に入る規模となっております。 また、トキワは、持続的な事業成長とサステナビリティの追求(MAXIMUM SAFETY, MINIMUM IMPACT)の両立を実現する為に、世界的にも例を見ないCHIEF CLEAN BEAUTY OFFICER (クリーンビューティー推進責任者)を2020年からおき、本格的なESG経営に取り組んでいます。

スケジュール

エントリー受付

6月7日(月)〜8月15日(日)

応募者からエントリーが提出される期間です。提案資料と質問への回答を持ってエントリーされます。

1次選考

8月16日(月)〜8月31日(火)

提出したエントリーの1次選抜です。今回のアクセラレータープログラムとの方向性、事業の成長性、実現の可能性などの精度を書類審査によって2次審査に進んでいただきます。

準備期間

1次選考通過者準備期間

9月1日(水)〜9月16日(木)

1次選考を踏まえ、2次選考のプレゼンテーションに向けてご準備いただく期間です。

2次選考

9月17日(金)〜9月30日(木)

2次選考に残った応募者に本新規事業の責任者に対し、プレゼンテーション(リモートにて実施)を行ってもらいます。 (日程調整は事務局によって行わせていただきます)

準備期間

2次選考通過者準備期間

10月1日(金)〜10月16日(土)

2次選考を踏まえ、最終選考のプレゼンテーションに向けてご準備いただく期間です。

最終選考

最終選考

10月下旬

最終選考に残った応募者に審査員の皆さんへのプレゼンテーション(リモートで実施又は直施で実施の決定はCOVID-19 の状況で判断させて頂きます)を行ってもらいます。(日程調整は事務局によって行わせていただきます)

採択社決定

採択社決定

最終プレゼン内容を受け、最終的に新規事業として行う提案を決定させていただきます。

サポート開始

サポート開始

トキワとの共創プランの合意後(詳細は後述)、成長ステージに応じて、研究・開発・生産・経営アドバイス等、実務サポートを開始いたします。

よくある質問

選考について

サポーターの方々はどのようにご協力いただけるのでしょうか。
サポーターの皆さんには、事業ビジョン、事業計画、組織カルチャーなどの面からアドバイスをいただく予定ですが、トキワの開発研究チームによる製品化の可能性、市場での優位性などに関しましても選考のご支援をいただく予定です。選考から漏れてしまったエントリーに対しても、ユニークな事業・製品アイデアに対しては、実現化に向けたアドバイスを行う予定です。
最終選考に通過すると、どのようなことが発生しますか?
参加者との守秘義務契約、事業計画書を基にした定期的なレヴューの合意、無償生産サポート(上限10,000個)対象カテゴリーの継続生産(3年間を予定しております)の合意、また、次回のアクセラレータープログラム開催時、ご協力をお願いする予定です。
該当カテゴリー以外の生産に関しては共創プラン内であっても、トキワ以外の生産契約をしていただいて問題ありません。
最終選考に通過後は、どのようなスケジュールで進みますか?
参加者の事業ステージによって異なりますが、目安としては最終選考選抜者の皆さんの製品開発・生産に関しては、選抜後の共創プラン合意後約1年以内に行う予定です。また、最終選考者の方が法人化前段階の場合は、法人化後に共創プランを制作いたしますので、2〜3か月程度の準備期間を想定しております。最終選考通過から製品開発・生産まで、最大15ヶ月程度となります。

共創プランについて

「共創プラン」とは、どのようなものを指していますか?
事業アイデアを具現化するために、トキワが選抜者の皆さんと実施していく事業計画を共創プランと呼んでいます。最終審査後、製品開発のアドバイス、薬事登録の支援、原材料調達を含めた包括的なアイデアを具体的な事業計画に落とし込むお手伝いをさせて頂く予定ですが、あくまでも事業の運営は参加者の皆さんであり、トキワは支援を行っていきます。同時にトキワは事業化後の該当カテゴリーの継続生産を受託することで、事業のパートナーとして共に成長していくことを目指しています。
流通戦略支援をもう少し具体的に教えてください
50年以上にわたるOEM/ODM 事業の経験を活用した、流通戦略(販路拡大戦略、流通チャネル選定)へのアドバイスに加え、現在ビューティケア特化型の小売店舗、EC店舗とのコラボレーションによる製品認知・試用促進サポートを準備しております。
どのような案が対象ですか?
トキワはプレステージカラーコスメにおいて国内NO.1のOEMカンパニーであるため、メイクアップ製品の開発・生産には自信を持っています。しかしながら、スキンケア、ヘアカラー、サニタイザー等の生産も行っておりカラーコスメのみに対象を絞っていることはありません。第1回の採択社には製品開発・製造ではなくビューティー関連サービス事業もございました。
応募するために条件はありますか?
スタートアップの皆さんに加え、社内新事業の立ち上げの皆さんも対象となります。未法人の方も参加できますが、無償生産サポートは共創プラン準備段階で法人化をお願いします。具体的な制限としては、カラーコスメの販売関連事業を3年以上していないこととさせて頂きます。
昨年の開催情報はどこで得ることができますか?
noteやTwitter、Facebookでも情報発信を行なっております。第1回の開催情報や採択社情報に関しましては、そちらをご確認ください。本プラグラムについてよりみなさまに知っていただくために、ウェビナーの開催も予定しています。また、今回からの試みですが、鮮度の高い情報や、前回の採択社さんのインタビューなどを適宜お伝えする為に、TOKIWA Lab.のLINEアカウントを作成いたしました。是非登録をお願いいたします。

エントリー条件と補足情報

NG企画

  • ギャンブル、政治、宗教、反社会的内容、公的にふさわしくない内容の企画
  • 法律に違反する企画
  • サービスの売り込み

エントリー条件

分野、業種を問わず、すべてのスタートアップ法人がエントリーできます。

備考

本プログラムは、開催企業がエントリー企業と直接やりとりを行うプログラムとなります。
エントリー後のやり取りは直接開催企業とご実施ください。

Powered by
© Creww Inc. - All right reserved