京都ビックデータ活用プラットフォーム

エントリー〆切

09/24(金) 23:00

京都ビックデータ活用プラットフォーム

京都スマートシティエキスポ2021 ピッチコンテスト参加

Super City KYOTO Challenge Beyond 2030

住んでよし、訪れてよしの超快適スマート京都を目指して

スーパーシティ、DXなどが加速する昨今において、これまでの常識を越えていくようなイノベーションが求められています。本プログラムでは、まちの課題解決・価値創出、未来のまちづくりに挑戦しているスタートアップ企業様を募集します。 テーマは京都を代表する「観光」、「環境・エネルギー」の2分野です。「データ利活用」、「次期感染症対策」、「エコシステム」、「サスティナブル」の4点をキーファクターとして、安心・安全・超快適な新時代の京都を共に実現していただけるスタートアップ企業様からの応募をお待ちしております。

このプログラムで実現したいこと

01

アフターコロナの観光のあり方を再構築し、京都の観光産業の復興を図りたい!

コロナによって京都の観光産業は大きな打撃を受け、現在も厳しい状況が続いています。一方で、旅行に行きたいという消費者の気持ちは世界中で高まっており、海外との往来規制が解除された後は、外国人観光客が多数来訪することが推測され、観光客の過度の集中を避ける備えも必要です。 そこで、地域・住民・観光客のニーズに対応しつつ、環境に配慮し、経済や社会全体の発展につながる「持続可能な観光」を実現するため、以下のような事業・ビジネスに取り組まれているスタートアップ企業様を募集します。 (事業・ビジネスのイメージ) ○SNS・人流・購買データ等の多様な環境関連データの収集・分析から、観光客が求める地域の「本物」の魅力や観光客の購買行動等を再発見・把握し、新しい観光サービスを開発したい。 ○デジタルを活用した観光業務の効率化やマーケティングによる観光事業者の経営体質の強化、魅力的な観光コンテンツを開発したい。 (キーワード) ・データ活用 ・観光DX ・マイクロツーリズム ・ワーケーション 等

02

脱炭素型の新しいライフスタイルを構築し、ゼロカーボン京都を実現したい!

京都府では、2020年2月に「2050年温室効果ガス排出量実質ゼロ」を目指すことを宣言し、2030年度までに2013年度と比べて温室効果ガス排出量を40%以上削減することを新たな目標として設定しています。 そこで、京都ならではの豊かなポテンシャルや地域資源を最大限に活用し、脱炭素で持続可能な社会を実現するため、以下のような事業・ビジネスに取り組まれているスタートアップ企業様を募集します。 (事業・ビジネスのイメージ) ○カーボンニュートラルの実現に向けて、新しい技術による再生可能エネルギーの導入促進、省エネルギーの推進、エコライフスタイル化を推進。 (キーワード) ・脱炭素モビリティ・MaaS ・マイクロEV ・サーキュラー・エコノミー ・電力DX ・ゼロエネルギーハウス(ZEH) ・ナッジ(行動インサイトの活用) 等

活用できるリソース

01

京都ビックデータ活用プラットフォームへの参画及び事業実装支援

resource_1_img
京都ビッグデータ活用プラットフォームでは、データ利活用を促進するため、大学・研究機関、企業、観光連盟・DMO、行政等の多様なプレーヤーが参画する官民プラットフォームを構築し、新たなサービスやアライアンスの創出を支援し、人が主役のスマートで安寧な社会の創出に取り組んでいます。このプラットフォームへの参画に係る会費を3年間無料とし、以下6点の支援を提供します。 1.産学公の多様なプレーヤーが集う京都ビッグデータ活用プラットフォーム会議を開催し、スマートシティやIoT、ビックデータに関する最新の情報をご提供します。各WGの取組のアップデートや新たな取組を共有します(年4回実施予定)。 2.多様化する社会課題や企業のニーズに応じて、ワーキンググループを発足します。ワーキンググループごとに勉強会等を実施し、具体的な成果に繋げます。 (ex.スマートアグリWG、スマートモビリティWG、スマート観光WG等) 3.会員企業様の新規事業紹介・交流の場をご提供します。京都スマートシティエキスポ(2021年は11月に開催)等にて、個別WGの成果発表を行い、ビジネスマッチングを支援します。 4.デジタルサイネージ等を活用した実証実験支援 京都スマートシティ推進協議会が府域等に設置した10台のデジタルサイネージやスマートライト、LPWA等の公園スマート機器を活用した実証実験を支援します。その他、新たに実施したい実証実験の実現をお手伝いします。 5.会員企業様や各WGが実施するプロジェクトに対し、国や京都府等の補助金の獲得に向け、助言や担当部署の紹介、実証フィールドの提案等の申請サポートをします(※補助金獲得を約束するものではなく、あくまで審査は公平に行われます)。 6.データ統合基盤をご利用できます。会員企業間のデータ連携の支援やデータ利用環境(アカウント発行・管理)を提供します。様々なデータの活用事例を紹介し、データ活用を支援します。
02

"けいはんな学研都市"における拠点オフィスの提供支援

resource_2_img
けいはんな学研都市(正式名称:関西文化学術研究都市)とは、京都、大阪、奈良の3府県にまたがる京阪奈の緑豊かな丘陵において、150を超える研究施設、大学施設、文化施設などが立地しているサイエンスシティです。世界有数の大企業から中堅・ベンチャー企業が、公的機関や大学とともに活発に活動しています。その中心に位置する「けいはんなプラザ(京都府精華町)」への入居支援をいたします。
03

デジタルサイネージでの広告掲載

resource_3_img
京都府の主要な観光玄関口や交通結節点等に設置するデジタルサイネージ(府内外11カ所)において、15秒の広告枠を1年間無償提供します。

プログラムへの意気込み

京都府では、これまでから多様なプレーヤによるオープンイノベーションを創出し、人が主役のスマートで安寧な社会の創出を目指しています。昨今のコロナウイルスの影響により、我々を取り巻く環境は大きく変容し、様々な分野において、世界規模での変革が求められており、時代の転換期を迎えています。そのような時だからこそ、スタートアップ企業の斬新で社会インパクトのあるアイデアを求めています。京都の新時代を共に創りましょう!

京都ビックデータ活用プラットフォーム事務局

開催会社概要

京都ビックデータ活用プラットフォーム

京都ビッグデータ活用プラットフォームでは、データ利活用を促進するため、大学・研究機関、企業、観光連盟・DMO、行政等の多様なプレーヤーが参画する官民プラットフォームを構築し、新たなサービスやアライアンスの創出を支援し、人が主役のスマートで安寧な社会の創出に取り組んでいます。

エントリー条件と補足情報

NG企画

  • ギャンブル、政治、宗教、反社会的内容、公的にふさわしくない内容の企画
  • 法律に違反する企画
  • サービスの売り込み

エントリー条件

分野、業種を問わず、すべてのスタートアップ法人がエントリーできます。

備考

本プログラムは、開催企業がエントリー企業と直接やりとりを行うプログラムとなります。
エントリー後のやり取りは直接開催企業とご実施ください。

Powered by
© Creww Inc. - All right reserved